忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2019/10/16 01:48 |
睡眠時無呼吸症候群が怖い理由
SASが怖いこれだけの理由
SASの怖さのひとつは、日中の強烈な眠気による事故だ。作業能率や集中力の低下により、交通事故や労働災害の原因となりやすく、厚生労働省でも「重症の SAS患者の約13%が過去五年間に居眠り運転事故を起こしている」という内容の調査報告を発表している(2004年6月)。
2003年、居眠りをした新幹線の運転士がSASと診断されたことは記憶に新しいが、SAS患者は交通事故を起こす確率が、2〜7倍にも高まるとする報告もあり、現在の道路交通法でも「免許の拒否、保留、取り消しまたは停止の対象となる病気」に、「重度の眠気の症状を呈する睡眠障害」が加えられている。

さらに見逃せない問題は、SAS患者は睡眠中の呼吸停止によって酸素不足になることや、しっかりとした睡眠が取れないため、血液がドロドロになって血栓を作りやすく、高血圧、糖尿病、心疾患、脳卒中などの生活習慣病を併発しやすいことだ。またED(勃起不全)もSASと深く関係しているとか。
「たかが、いびき」と放置しておけない理由が、これだけあるのだ。でもご安心を!SASは適切な治療により、コントロールできる病気。早めの対策が大切だ。

症状 合併症
睡眠中の呼吸の停止 肥満
大きないびき 高血圧症
熟睡感がない 狭心症
起床時の頭痛 糖尿病
集中力低下 うっ血性心不全
ED 睡眠に関連した不整脈
抑うつ 認知障害




PR

2008/04/14 22:56 | Comments(0) | TrackBack(0) | 睡眠時無呼吸症候群が怖い理由

| HOME |
忍者ブログ[PR]